オリーブ搾油機とメジロ。




       やーやー! もういっちょ、行くかな!


       昨年の話。

       我が江田島市の沖美町に、オリーブミュージアムという場所があります。
                           (旧沖美小学校跡)

       そこに、オリーブオイルの搾油機が設置されたんですよ!

       そんでもって、
       12月初旬にあるイベントがなされました。

画像

                     東京で広島アンテナショップ【tau】3階。
                     【お魚・江田島バールpaccio】の店長、江口さん。


画像

                     本場イタリア仕込みのピッツアを作り。


画像

                     実家で作った焼き窯持参し、焼きーの。


画像

                     テレビの取材、受けーの。


画像

                     イタリア料理、振る舞いーの。

       で、とっちん楽しみーので、寒かったーのよ!・・・大寒波の暴風雨じゃったんよー!!

       そん時ついでに、搾油機の見学もありました。

画像

                     ジャジャジャ~ン!


画像

                     早く、こんだけの油になりたーい!

       ・・・と、まあ、こんな感じで、思い描いとるわけよね。
       あと、2年位はかかるかなぁ?




       さあ、ここからは、また最近の話ですよ。

       3日位前かね。
       仕事から帰ると部屋ん中に鳥の羽。
       食べ残しはないかと探すけど、どこにも無い。

       夕飯時、仕事休みの次女が離れから帰ってきて、
       今、メジロを逃がしてきたと言う。

       話によれば、朝アモンが捕ってきたらしい。
       黒い男は、案外優しい男で、やさしく咥えてきたらしい。
       すかさず次女は捕獲し、離れへ。

       逃がそうとしたが、動けないらしく、
       そのまま電気毛布で祠を作り、その中で過ごさせた。

       午後になり、部屋を飛び始めたので、
       更にすかさずネット調べで用意したリンゴジュースを
       スプーンで飲ませたと言う。

       彼の子は元気を取り戻し、
       夕暮れの闇に、次女の手元から飛び立って行った!・・・と言う。

       
画像


画像

                  この子は、まだ子メジロちゃんみたいかな?。


       さらばメジロよ!  もう、捕まんなよ!
       そんでもって、しっかり練習して、いい声聞かせてくれよ!
       あっ!!!
       そりゃーウグイス!

       そんなら、グリーンジャンボ当てさしてくれー!


                          
                 もういっちょ、ありがとさんです!
                 ポチッと、よろしくです! 



      


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年01月20日 20:36
へえ~オリーブが名産なんですか~ 収穫とか見てみたいなあ~
メジロさんは命拾いしましたね、なにか恩返しがあるかも♪
2013年01月21日 07:27
窯焼きピザなんて 贅沢で美味しそうですね~
油をとるには どのくらいの量が必要なんでしょう??
メジロさん 怪我が無くて良かったですね~
看病も良かったのかもしれませんね
2013年01月27日 11:02
カーピーさんへ

厳密に言うと、まだ名産になってはいないんですけど、
オリーブの島として売り出そうとしているところです。
うちも、早く、収穫したいなぁ~、ザックザックとね!
メジロの恩返し、ウンチ位がせきのやまかも!?
そんでもって、運がつく?なんてね!



みるしっぽさんへ

夢は、うちのオリーブ畑に石窯を作って、
出来立てのオリーブオイルに、
採れ立てのトマト・バジルで、
ピザ焼きたいよね~~~。(じゅるる)
油の量は、10㌔の実で1㍑位なんだって!
だから、お値段が高いのよ~。ってことです。
次女のおてては、魔法のおててだったのかな?

この記事へのトラックバック